一味違うネット通販の形

有名店の味を楽しむということ

単純に食材を運んでもらうサービス

昔からある食材宅配サービスといえば、一週間に一度自宅まで届けてもらえるものというのが定番でした。
ご近所さん同士でグループを作り、グループ割引サービスを使ってお得に買い物されている方も多いのではないでしょうか。
グループでなくても、赤ちゃんがいるご家庭なら配送料無料などのサービスもあるので、今も根強い人気を集めていると思います。
お米やお水など、重たいものを自宅まで届けてもらえるというのは、主婦にとっては嬉しいサービスではないでしょうか。
さらに嬉しいのは、こうした食材宅配サービスは、留守の時でも専用のケースに入れて置いておいてもらえるという点です。保冷剤付きなので、生ものでも傷む心配はありません。
共働き世帯には、なくてはならない存在とも言えると思います。

あくまで栄養バランスにこだわった宅食

食材宅配サービスにも色々とあり、自宅まで食材をそのまま届けてもらえるサービスと、ある程度下ごしらえ済みの調理キットを届けてもらえるサービスなど、本当に様々です。
特に持病をお持ちの方で食事制限のある方に向けてのお弁当を届けてもらえるサービスは、二世帯住宅にお住まいの方やご高齢の方々に人気があると思います。
ここでいう宅食サービスと、有名店のレシピ通りに作られたものを届けてもらうサービスというのは、同じようで実は違います。
有名店のメニューというのは基本的に何も制限はなく、美味しく出来るように工夫が凝らされています。
それに対して食事制限のあるお弁当というのは、美味しさよりもカロリーや栄養バランスが重視されていると思います。といって、美味しくないというわけではもちろんなく、美味しさにも定評があるので、持病があっても気兼ねなく美味しいものが食べたいという方にお勧めです。


シェア
TOPへ戻る